刻獣(パルサー) メリーブロック・ドラゴン》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【永】【山札/ドロップゾーン】:あなたのヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットのグレード+2。
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):このユニットがブーストした時、あなたの他の〈十二支刻獣〉のユニット1枚につき、そのバトル中、このユニットのパワー+2000してよい。そうしたら、そのバトルの終了時、このユニットを表でバインドする。

 竜神烈伝で収録されるグレード1のギアクロニクル

 1つ目の能力は、ヴァンガードグレード3以上なら、グレード+2を得る永続能力

 山札グレード+2を得てグレード3のカードとなることで《超刻獣 スプリット・ペガサス》効果スペリオルコールしにくくなる弊害もあるが、《刻獣 リボルバー・ドラコキッド》《クロノ・ドラン・Z》効果手札に加えたり、《刻獣使い ルガル・ウレ》《クロノ・ドラン・G》等の効果グレード3のカードとしてスペリオルコールすることが可能となる。

 ドロップゾーンでも有効となりそちらでは、《クロノジェット・ドラゴン・Z》永続能力によって変更された超越スキルコストバインドすることが可能になるといった利点がある。
 このカードは元々のグレード3のカードと異なり、シールド5000を持つことでガーディアンとして利用しやすく、ガーディアンサークル経由することで無理なくドロップゾーンに置きやすい。

 2つ目の能力は、ブーストした時に他の〈十二支刻獣〉のユニット1枚につき、パワー+2000を得ることができ、そうしたら、そのバトルの終了時に自身を表でバインドするジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 《刻獣使い マニシュ》自動能力誘発条件のみが異なる能力となっており、こちらはブーストした時に誘発し、最大でパワー17000となる。

 同じく時限誘発によるバインドで1枚分のディスアドバンテージを負ってしまうが、こちらは《クロノファング・タイガー・G》と併用のコストでこのカードを先に処理することでその発生の回避が狙うことができる。
 その際、《クロノファング・タイガー・G》と同じ縦列に並べる必要があるものの、永続能力によりこのカード山札ではグレード3のカードとして扱われるため、山札バインドゾーンからの《クロノファング・タイガー・G》スペリオルコールすればそれを起点に《クロノ・ドラン・G》でこのカード山札からスペリオルコールすることで容易く同じ縦列に揃えることができる。
 その他にも《刻獣 ヒュプノシス・シープ》が得る能力コストを利用することでも回避が狙え、《刻獣使い マニシュ》を利用した場合と異なりアタックしたリアガードはそのまま残るため、このカードブーストされた〈十二支刻獣〉のユニットスタンドすることができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/049 R イラスト/96suke幼少期の遊び心は、未来を目指す探究心になる。