刻獣(パルサー) スプリング・ラビット/Pulsar, Spring Rabbit》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアビースト/十二支刻獣 パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1),あなたの他の(R)の〈十二支刻獣〉を1枚選び、表でバインドする] このユニットが(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、【ソウルチャージ】(1)。

 竜神烈伝で収録されたグレード1のギアクロニクル

 リアガードサークル登場した時にソウルブラスト(1)と他のリアガードサークルの〈十二支刻獣〉1枚を表でバインドすることで、1枚ドローし、ソウルチャージ(1)するジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 1:1交換のドローに加えて、ソウルの入れ替え、バインドゾーンドロップゾーンカードの増加が行える。

 《刻獣 リワインド・タイガー》等のコストレストした〈十二支刻獣〉や《超刻獣 アヴニール・フェニックス》《ハイブロースチーム ラファンナ》等でスペリオルコールしたリアガードとしての性能が低い〈十二支刻獣〉、《超刻獣 スプリット・ペガサス》スペリオルコールする〈十二支刻獣〉と噛み合わないグレードの〈十二支刻獣〉等をコストとすれば、不要なリアガードの有効な処理を行いつつドローを行える。

 コストで、バインドする〈十二支刻獣〉のリアガードは、《刻獣 クラッシュ・モンキー》《クロノ・ドラン》等、ソウルブラストするカード《刻獣 ポピンズ・ポニー》《スチームテイマー アルカ》等、バインドゾーンドロップゾーンにそれぞれ置かれることで活躍が見込めるようになるものを選ぶと尚良いだろう。

 ソウルブラストソウルチャージの組み合わせによるソウルの入れ替えは《刻獣使い ヘガルド》でも行え、そちらはドロップゾーンカードも入れ替え、ドロップゾーンカード山札送りにしつつカウンターチャージも可能であるが、こちらはディスアドバンテージを伴わず、バインドゾーンドロップゾーンというリソースを増やせるのが利点となる。
 それらのリソースを活かすには他のカードとのコンボが前提となるので、《刻獣 クラッシュ・モンキー》《遡る時乙女 ウルル》等との併用を意識しておきたい。
 特に【機械仕掛けの神 デミウルゴス】では、バインドゾーンドロップゾーンの両方の質を重視するデッキであるため侮れない利点である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q4002 (2018-02-23)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q4003 (2018-02-23)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/097 C イラスト/佐久間さのすけ本気を出せば、成層圏まで到達可能。