刻獣(パルサー) クラッシュ・モンキー/Pulsar, Crash Monkey》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ギアクロニクル - ギアビースト/十二支刻獣 パワー8000 / シールド5000 / ☆1
【起】【バインドゾーン】:[【ソウルブラスト】(1)] このカードを(R)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1)] このカードが表でバインドゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 竜神烈伝で収録されたグレード2のギアクロニクル

 1つ目の能力は、ソウルブラスト(1)で、自身をスペリオルコールする起動能力

 主な利用法としては《スチームナイト ムダル》起動能力と同様だが、元々のパワーの低さに加えて、パワーを増やす継続効果もないので単純な性能においては見劣りする。
 そのため、併せ持つ自動能力の違いや〈十二支刻獣〉関連のサポートが利用できる利点を活かした運用が求められる。

 起動能力によってバインドゾーンから自発的にスペリオルコール可能な汎用性あるグレード2のカードとしては《スチームナイト ムダル》の他にも元々のパワー11000を持つ《刻獣 バルブレーザー・ドラゴン》もいるが、コストの軽さとバインドゾーンの枚数によってアタックできるユニットに制限がかからない点ではこちらが優れているので一長一短といったところである。
 そちらとは〈十二支刻獣〉のサポートを共用できるため、【機械仕掛けの神 デミウルゴス】であれば〈十二支刻獣〉の種類を増やすためにメインデッキに合わせて入れることも視野に入れられる。

 2つ目の能力は、バインドゾーンに表で置かれた時にカウンターブラスト(1)で、1枚ドローするジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 《スチームメイデン バルル》自動能力によく似たドロー能力となっており、こちらはジェネレーションブレイク(1)の制限があるものの、表で置かれたならどの領域からバインドされた場合でも誘発条件を満たせるのというのが最たる特徴となる。
 表でバインドゾーンに置かれた後は、自身の起動能力によるスペリオルコールすることで合計で2枚分のアドバンテージの生産が可能となり、コストは嵩むもののリアガードサークルに置かれたこのカードバインドする手段を用意できれば再度のドローも狙える。
 このカードリアガードサークルからバインドする主な手段の1つとなる時翔能力によるタイムリープ《スチームメイデン バルル》と同様に相性がよく、このカード山札から調達する手段にもなる他、ターンの終了時限誘発スペリオルコールされるのでターンを跨げば起動能力を使わずに再利用が狙える状態を整えられる。

 その他、山札手札ドロップゾーン等も含めた様々な領域から好きなカードバインドしたり、バインドゾーンに置かれているカードを他の手札ドロップゾーンに移してから再度バインドする手段を有する【ギアコロッサス】であれば起動能力時翔能力等のスペリオルコール手段を介さずに複数回のドローに繋げられるので、フィールド外で機能する有力なアドバンテージ源として扱える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • フレーバーテキストから察するにモデルとなっているのは、日本の民話「さるかに合戦」に登場する悪役の猿だろう。
    • この猿は、おにぎりを持っていた蟹に自分が拾った柿の種を「種を植えて柿が成ればおにぎりを食べるよりも得するぞ」と言って交換する。蟹はその種を植え、柿が成るも木を登れない蟹のところへ再び猿が訪れる。柿を取れない蟹の代わりに自分が取ってあげようと木に登ったが、猿は自分が食べるだけで蟹に柿を渡そうとしない。柿を取るように頼む蟹に対して、猿は青くて硬い柿を投げつけ、直撃した蟹は死んでしまう。
    • その所業に怒った子蟹達は親の敵を討つために、その猿と仲が悪い「栗」と「臼」と「蜂」と「牛の糞」を家に呼び寄せて敵討ちの計画をする。猿の留守中に家へ忍び寄り、栗は囲炉裏の中に隠れ、蜂は水桶の中に隠れ、牛の糞は土間に隠れ、臼は屋根に隠れた。そして猿が家に戻って来て囲炉裏で身体を暖めようとすると、熱々に焼けた栗が体当たりをして猿は火傷を負い、急いで水で冷やそうと水桶に近づくと今度は蜂に刺され、家から逃げようとした際に出入口で待っていた牛の糞に滑り転倒、屋根から落ちてきた臼に潰されて猿は死に、子蟹達は親の敵を討つ、という内容である。
      • イラストで投げているのは柿ではなく手榴弾であるが、これが発端で復讐されてしまうのだろう。

FAQ 節を編集

  • Q4003 (2018-02-23)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q4028 (2018-02-23)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q4050 (2018-02-23)
    Q. このカードの【バインドゾーン】の能力は、このカードが裏でバインドされている時でも使えますか?
    A. 使えません。バインドゾーンで裏になっているカードはカードの情報やテキストは何もないものとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/095 C イラスト/ToMoこの一投が、凄惨な復讐劇の発端になるとは。