光昭(こうしょう)騎士王(きしおう) アルフレッド・オース/Luminous Light King of Knights, Alfred Oath》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】【Gブレイク】(2):あなたのターン中、あなたのリアガード1枚につき、このユニットのパワー+2000。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1),あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが(V)に登場した時、あなたのソウルに、「光の剣士」か「ブラスター」を含むカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からそれぞれグレードの異なる、「光の剣士」か「ブラスター」を含むカードを2枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルする。

 トライスリーNEXTで収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 ジェネレーションブレイク(2)は、リアガード1枚につきパワー+2000を得る永続能力

 リアガードが5枚揃っていれば単独パワー21000となり、ブーストを加えればパワー26000ライン以上も狙える。

 純粋なパワーの増加手段としては適当なGユニット超越できるのならそれを行った方が安定してパワーを稼げるが、こちらは《波動の賢者 ターナ》《サイオン・ライダー》といったグレード3のカードにのみ対応するサポートと両立することができるのが強みとなる。

 2つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時にソウルに「光の剣士」か「ブラスター」のカードがあるならカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)と手札1枚のドロップで、山札からそれぞれグレードの異なる「光の剣士」か「ブラスター」のカードを2枚までスペリオルコールする自動能力

 使い切りだが、5〜6ターン目から使える1:2交換のスペリオルコール手段で、再ライドでも2:2交換の効率で利用できる。

 コスト効率もまずますといった性能だが、要件ソウルに「光の剣士」か「ブラスター」のカードがあることを要求しているので、1〜4ターン目で予めそれらをライドしておくようにしておきたい。

 制限の都合上、選択肢が限られる上に基本的に前列要員と後列要員を1枚ずつしかスペリオルコールできないが、それを考慮しても1つ目の能力《転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン》等の能力で必要となってくるリアガードの枚数を稼げるのは有用である。

 また、2枚を同時にスペリオルコールするので、《光の剣士 ブラスター・アックス ゲラール》《光の剣士 ユーノス》能力誘発させつつスペリオルコールでき、選択肢が限られる中でも高パワーを稼ぐ起点にも利用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

キャラクターブースタートライスリーNEXTG-CHB01/004 RRR イラスト/喜久屋めがね迷わず進め!光は常に、我らと共にある!
G-CHB01/S01 SP イラスト/喜久屋めがね(※なし)