争奪(そうだつ)騎士(きし) エデルン》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):他のあなたのリアガードが退却した時、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【自】:[あなたのグレード1のリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットが(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 剣牙激闘で収録されたグレード3のシャドウパラディン

 1つ目の能力は、他のリアガード退却した時にパワー+2000を得る儀式3の自動能力

 《餓竜 ギガレックス》に似ているが、儀式3の制約がある代わりに誘発条件に対応するリアガードには特に制限は無く、他のファイターターンでも利用できるうえに増加するパワーの効率も良い。
 2つ目の自動能力コストを払えれば、事前に必要なドロップゾーングレード1のカードは2枚であることから、比較的儀式3の有効化は狙いやすい。

 《暗黒竜 ディストレス・ドラゴン》《蒼棘の重断 ヴァルデマル》等の能力効果コストを利用すれば、大量にこちらのリアガード退却することは容易なので大幅のパワー増加を見込める。
 特に《蒼棘の重断 ヴァルデマル》は使用回数に制限のない起動能力コストリアガード退却を行うため、《カースドアイ・レイヴン》《鉄塊の騎士 クラフティネ》等で退却コストを供給し続ければ誘発回数を稼ぎやすい。
 上手く噛み合えば《屈強の騎士 グロヌ》程とはいかないものの、それなりのパワーの増加を期待でき、こちらはヴァンガードサークル上でのその恩恵でも受けられる。

 《呪札の魔女 エーディン》能力等を利用すれば、相手ターンでも能動的な利用も狙える。

 その他、ユニットの重複処理のようなルール処理は勿論、相手カード効果バトルによるこちらのリアガード退却等でも誘発するので、大量のリアガード退却できる【かげろう】【なるかみ】の対抗策としても利用できる。
 もっともリアガードサークル上では、このカード退却等で処理される可能性があるので、こちらの恩恵を得たい場合はヴァンガードサークル上で利用するのが無難だろう。

 2つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時にグレード1のリアガード1枚の退却で、1枚ドローする自動能力

 コストの制約は厳しいが、自身の1つ目の自動能力を含む各種儀式能力の有効化に貢献しつつ、1:1交換のドローを行える。
 ユニットの重複処理等によるディスアドバンテージを負わずに、《闇夜の乙女 マーハ》等でスペリオルコールを行うのに適したユニットのいないリアガードサークルを用意できるので、中々優秀な能力といえるだろう。
 ただし、ヴァンガードサークル登場した際に利用する場合は、基本的に2ターン前までにグレード1のリアガードを準備しておく必要があるので注意したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3104 (2017-02-02)
    Q. 儀式とは何ですか?
    A. 儀式とは、あなたのドロップゾーンにあるグレード1のカードの枚数を参照し、指定された枚数以上なら有効になる能力です。
  • Q3105 (2017-02-02)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。
  • Q3107 (2017-02-02)
    Q. ドロップゾーンにグレード1のカードが指定の枚数より1枚少ない状態でリアガードがドロップゾーンに置かれた時、この能力は発動しますか?
    A. はい。ドロップゾーンに置かれたカードも儀式能力の条件に数えます。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/048 C イラスト/三好載克私のために死んでもらおう。