《ランブリング・シェイド/Rambling Shade》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
グランブルー - ゴースト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:亡霊((R)に登場時、亡霊状態にしてよい。そうしたら、ターン終了時に退却)
【自】【(R)】:[山札の上から2枚をドロップゾーンに置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【自】【Gブレイク】(1):このユニットがインターセプトした時、あなたのドロップゾーンの亡霊能力を持つカードが4枚以上なら、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。

 超極審判で収録されたグレード2のグランブルー

 2つ目の能力は、ヴァンガードアタックした時にデッキトップから2枚をドロップゾーンに置くことで、そのターン中パワー+2000を得る自動能力

 《ルイン・シェイド》と同じくドロップゾーンを増やしながらパワーを上昇でき汎用性が高い能力
 あちらと違い要件がない代わりにリアガードサークル上でのみ有効となり、リアガードアタックした時には誘発しないといった差異がある。

 ジェネレーションブレイク(1)は、インターセプトした時にドロップゾーン亡霊能力を持つカードが4枚以上あるならシールド+5000を得る自動能力

 使えるタイミングが遅い上にドロップゾーン亡霊能力を持つカードが4枚以上あることを要求する要件付きとなっている。
 メインデッキ亡霊能力を持つカードを多く入れてるなら2つ目の能力でも達成を狙えるが、《お化け大王 おばだいあ》であれば対象のカードを確実に増やすことができるので、要件を満たすのは難しい事ではない。

 また、このカード自体には亡霊状態になることで益となる能力を有していないものの亡霊能力持ちであるので、亡霊能力を持つカードに関するサポートを利用することができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2462 (2016-08-25)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2485 (2016-08-25)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q2519 (2016-08-25)
    Q. 亡霊とはなんですか?
    A. 亡霊とは、この能力を持つユニットをリアガードサークルにコールした時、そのユニットをそのターン中、亡霊状態にすることができる能力です。亡霊状態となったカードはターンの終了時に退却します。

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/040 R イラスト/COGA次はどこを撃って欲しい? 頭は最後しか認めんぞ。