《ラウダーアンモナイト》 節を編集

トリガーユニット 【醒】(スタンドトリガー) 〈0〉 (ブースト)
たちかぜ - ハイビースト パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1)] あなたのカードの、効果かコストで、このユニットが(R)から退却した時、コストを払ってよい。払ったら、このカードを手札に戻し、このカードが暴喰能力の効果で退却したなら、【カウンターチャージ】(1)。

 剣牙激闘で収録されたたちかぜスタンドトリガー

 ジェネレーションブレイク(1)は、カード効果コストで、リアガードサークルから退却した時にカウンターブラスト(1)で、自身を手札に戻し、自身が暴喰能力効果退却したなら、カウンターチャージ(1)する自動能力

 《翼竜 スカイプテラ》のように効果コストによる退却で発生するディスアドバンテージカウンターブラスト(1)で手札に戻ることで帳消しにした上で使い回しが狙える。
 更に暴喰能力コスト退却した場合はカウンターチャージ(1)を行うことで、実質的に無消費となるので非常に強力である。

 《翼竜 スカイプテラ》と異なり序盤の利用はできず、ユニットの重複処理や他のファイターカード効果退却した場合には誘発条件は満たせない点に注意しておきたい。
 また、効果コストによる退却を行うカードと組み合わせる場合でも、基本的にリアガードが残らないことが前提となる《絶対王者 グラトニードグマ》《破壊暴君 ツインテンペスト》等、スタンドトリガー自体と相性の悪いものもあるので、それらと併用する場合にも注意が必要となる。

 同じくジェネレーションブレイク(1)の制限があり、近い誘発条件の近い《シーラマグナム》と比較すると手札を補充でカード消費を補うといった点は同じだが、パワー増加等の攻撃的な付属効果がない分、やや地味な性能となっている。
 一方で、コスト山札送りとなる《シーラマグナム》よりも効果手札に戻せるこのカードの方がこのカードの方が使い回しが容易、手札シールドも減りにくい等といった点から積極的な利用はこちらの方がややしやすい。
 その他にも、他のファイターターンでの誘発も可能であるため、《絶壁権臣 ブロッケイドガンガー》等を利用することで相手ターンでも利用でき、そういった違いを考慮した上で使い分けることになるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3115 (2017-02-02)
    Q. 暴喰状態のユニットが、もう一度アタックした時、暴喰でまたリアガードを退却させることはできますか?
    A. はい、できます。ただし、すでに暴喰状態である場合、暴喰状態から暴喰状態になることは無いので、「暴喰状態になった時」のような能力がもう一度発動することはありません。
  • Q3116 (2017-02-02)
    Q. 暴喰状態のユニットが複数回アタックし、そのたびに暴喰でユニットを退却させた場合、「このターンにこのユニットの暴喰能力の効果で退却させたユニット」の枚数は合計されますか?
    A. はい、合計されます。
  • Q3117 (2017-02-02)
    Q. 暴喰の効果で【ブースト】しているユニットを退却させた場合、【ブースト】で得たパワーはどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中に退却した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q3118 (2017-02-02)
    Q. このユニットは暴喰能力を持つユニットですか??
    A. 「暴喰能力を得る」などであれば、能力を得た後は暴喰能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、暴喰能力そのものは持っていないため暴喰能力を持つユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/074 C イラスト/齋藤タヶオその警報は深海にまで響き渡る。