《メガコロニー戦闘員(せんとういん)E/Megacolony Battler E》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
メガコロニー - インセクト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):[このユニットを退却させる] あなたのヴァンガードがアタックした時、すべてのファイターのユニットがすべて【レスト】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのバトル中、パワー+10000。

 The GENIUS STRATEGYで収録されたグレード1のメガコロニー

 ジェネレーションブレイク(1)は、ヴァンガードアタックした時、すべてのファイターユニットレストしているなら、自身の退却ヴァンガード1枚にパワー+10000を与える自動能力

 刀剣乱舞に属する《にっかり青江》と似た能力だが、こちらは要件は厳しい分、グレード4のユニットにもパワーを与える事ができる。
 そのため、効果は強力だが誘発条件が厳しい能力を有する《暴槍怪神 スタンビートル》《眩惑怪神 ワスピーテイル》等のGユニットパワーを上げる事でアタックヒットする可能性を上げる事が期待できる。
 その一方でコスト退却してしまうため、使いどころは見極めていきたいところ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

巨大犯罪組織“メガコロニー”に所属する戦闘員。同型同系統の戦闘員まとめて「E」とされる。主な役割は敵陣への爆撃だが、ちまちました爆撃だけでは軽度の被害しか与えられないため、最後は敵陣に突っ込んで体内燃料ごと自爆するまでが仕事。「どうせ死ぬから飛行燃料は行きの分だけでいいだろう。出費も浮くし」と、あんまりな扱いを受けていた。しかしある時、戦闘員Eの1匹が地位の向上を要求。彼の勇気ある行動に触発され、これまで運命を甘んじて受け入れていた他の戦闘員Eたちもこぞって賛同し、一連の騒動はデモにまで発展しかけた。いつもの“メガコロニー”であれば、逆らう者は皆殺しにして終わりなのだが、全身が爆弾のような彼らを闇雲に撃つわけにもいかず、しぶしぶ彼らの要求を受諾した。こうして戦闘員Eたちは、帰還用の予備燃料という追加装備をGETし、生きて基地に帰ることを許されるようになったのである。

  • モチーフとなっているのは「蜉蝣(カゲロウ)(Ephemera)」である。設定にて使い捨ての様に扱われているのは、同種の成虫に羽化した後の寿命の短さから来ているのだろう。
  • 同種の成虫は口が退化しており、食事を取ることがないためほぼ幼虫時代に摂取した栄養のみで生活する事になる。もし彼らが蜉蝣と同じ体の構造をしているならば、生きて基地に戻っても待っているのは短い人生(?)のみなため、非常に幸薄いユニットであるといえる。
    • 余談だが、《デスワーデン・アントリオン》のモチーフになった「ウスバカゲロウ種」は「カゲロウ種」とは遠く離れた完全なる別種である。例として、「カゲロウ種」は幼虫から脱皮を繰り返し蛹状態を経由せずに成虫になる不完全変態を行うが、「ウスバカゲロウ種」は幼虫から蛹を経由し成虫になる完全変態を行う。

FAQ 節を編集

  • Q2422 (2016-07-21)
    Q. このユニットがブーストしたアタックで、このユニットの能力を使いました。ブーストされていたユニットのパワーはどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q2446 (2016-07-21)
    Q. 相手のリアガードが1枚もおらず、ヴァンガードだけが【レスト】している場合は、条件を満たしていますか?
    A. はい、満たしています。

収録情報 節を編集

テクニカルブースターThe GENIUS STRATEGYG-TCB02/059 C イラスト/村上ヒサシこれでお役御免? 大将、そりゃあんまりですわ!