《ミラーワールド・ライオン/Mirror-world Lion》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバービースト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),このユニットを退却させる] このユニットが解呪された時、コストを払ってよい。払ったら、山札から「ミラーワールド・ライオン」を2枚まで探し、別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 月煌竜牙で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 ジェネレーションブレイク(1)は、解呪された時にカウンターブラスト(1)と自身の退却で、山札から《ミラーワールド・ライオン》を2枚までスペリオルコールする自動能力

 コストでこのカード呪縛する手段が必須となる上に、能力の性質からこのカードを少なくとも3枚、可能であれば4枚での採用が望ましいのでメインデッキを圧迫しやすい。

 このカード退却させて山札からスペリオルコールすることになるので、2枚スペリオルコールできるのは基本的に使えるのは1度きりだが、前列要員を1:2交換で増やせる。
 左前列や右前列アタックを行ってレストした後に後列にいるこのカード解呪して2枚目以降と3枚目以降をスペリオルコールすることで2枚分の疑似スタンドが狙える。
 一応、バトルフェイズ中に1枚だけスペリオルコールした場合でも、呪縛解呪の手間がかかるものの1:1交換と効率は悪くない。

 ただし、山札グレード3のカードを消費することになるのでデッキ圧縮になる反面、以降のターンノーマル超越がややしづらくなったり、能力が使えるタイミングが遅いことで誘発した時点で山札に残っている2枚目以降が1枚以下にである場合は最大効率でのスペリオルコールを断念せざるをえなくなるのが欠点となる。
 いくら《デスティニー・ディーラー》を使えば《オルターエゴ・メサイア》手札に加えられるからといって、ヴァンガードサークル上ではバニラとなるこのカードメインデッキを圧迫してしまうのも考えどころ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1689 (2015-11-11)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1693 (2015-11-11)
    Q. あるユニットが「そのターン中、パワー+3000」などの効果を受けていた状態で呪縛され、さらにそのターン中に解呪された場合、受けていた効果はどうなりますか?
    A. 失われます。パワーの増減に限らず、リアガードが呪縛されると、そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。
  • Q1695 (2015-11-11)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1708 (2015-11-11)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/069 C イラスト/松島一夫破片には、その数だけ映し身がいる。