《マリンフォール・ドラゴン/Marinefall Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのターンで5回目以降のバトル中なら、2枚引く。
【自】【(V)】:あなたの《アクアフォース》がアタックした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 無限転生で収録されたグレード3のアクアフォース

 リミットブレイクは、ヴァンガードアタックした時にそのターンで5回目以降のバトル中なら2枚ドローする自動能力

 一切のコストもなく2枚ドローという非常に強力な能力だが、5回目以降のバトルヴァンガードに回すという要件が非常に厳しい。

 バトル回数稼ぎが可能なリアガードが少なくとも2枚以上は必要であり、構築段階でそのようなカードを大量に採用しておく必要がある。

 パワー-5000を得てスタンドする能力を持つ《タイダル・アサルト》《波状螺旋の水将 ベネディクト》ならば、バトル回数稼ぎをノーコストで行えるので、これらを2枚並べるのが一番手っ取り早い。
 ただし、このカードと相性の良いスタンドトリガースタンドしてもパワーが低いのが難点である。
 ジェネレーションブレイク(1)の有効化とブーストコストカウンターブラスト(1)が必要になるものの、パワー11000でスタンドできる《マグナム・アサルト》ならば、アタックが無駄になることも少なくできる。
 スタンドトリガーとも相性が良いので、出来る限りこちらを組み合わせたいところである。

 リアガードが理想的な形で揃わないことには達成は困難な要件なので、相手退却呪縛は特に脅威となり得る。
 早期に利用することができれば、手札を蓄えられる分だけ退却に関してはある程度耐えられるとも言える。

 もう1つの自動能力は、アクアフォースアタックした時にそのターンで3回目以降のバトル中なら、パワー+2000を得るというもの。
 このカードが3回目のバトルを担当すればパワー12000、1つ目の能力要件を満たせる可能な5回目のバトルを担当すればパワー16000になるため、バトル回数を稼いでいるのであればなかなか強力である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q775 (2014-02-27)
    Q. 『そのターンで3回目以降のバトル中』などの、『バトル』とはいつからいつまでですか?
    A. アタックするユニットを選んだタイミングから、クローズステップ開始時(ダメージを与えたり、リアガードやガーディアンを退却させた後)までが、1回のバトルです。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/037 R イラスト/ataboh海を恐れよ。竜を恐れよ。奴は、海域のドラゴンだ。