《ハーティダンサー クラージュ/Hearty Dancer, Courage》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
バミューダ△ - マーメイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(V)】:[あなたの(R)の「バミューダ△候補生 リヴィエール」を1枚選び、ソウルに置く] あなたの山札から、「マーメイドアイドル リヴィエール」か「スーパーアイドル リヴィエール」を1枚まで探し、公開し、手札に加え、山札をシャッフルする。手札に加えられたカードが「マーメイドアイドル リヴィエール」なら、そのカードを【スタンド】でライドしてよい。

 七色の歌姫で収録されたグレード1のバミューダ△

 主な運用方法は《アルボロスの直衛 アイラ》と同様。

 《マーメイドアイドル リヴィエール》へのノーマルライドに失敗してもそちらにスペリオルライドできるので、《スーパーアイドル リヴィエール》ノーマルライドできれば《マーメイドアイドル リヴィエール》によるドローに繋げられる。
 《バミューダ△候補生 リヴィエール》の1つ目の自動能力が利用できない分、基本的に5枚目以降の《マーメイドアイドル リヴィエール》として考えておきたい。

 ただし、《マーメイドアイドル リヴィエール》《スーパーアイドル リヴィエール》によるドローを諦める形になるが、《スーパーアイドル リヴィエール》手札に加えることでライド事故の回避に繋げられる。
 更にヴァンガードサークルソウル《スーパーアイドル リヴィエール》を指定する能力は多く、確実に《スーパーアイドル リヴィエール》ライドする手段として見るなら《マーメイドアイドル リヴィエール》より優先してライドするのも手ではある。

 ただし、このカード《マーメイドアイドル リヴィエール》ヴァンガードサークル以外で利用できる能力を持たないので、多く採用すると腐りやすい難点を持つ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

原初のトップアイドルとして名高い「リヴィエール」の物語にたびたび登場するアイドルの少女。候補生を卒業し、無事デビューを果たしたリヴィエールが初めて組んだユニットのメンバーの1人。公私共に常に笑顔、いつでも自信に満ち溢れた快活な少女で、当時のリヴィエールはひたすらに明るい性格の彼女を羨んでいたという。しかし、それは一方的な羨望ではなかった。クラージュもまたリヴィエールに憧れ、彼女に負けまいと競争心を抱いていたのである。ユニットが花開かず解散となった折、いつも笑顔だったクラージュは初めて涙を流し、その心中を打ち明けたと記されている。後世に伝説と謳われるトップアイドル。しかし、忘れてはならない。その成功は1人の手によって齎されたものではない。輝く頂の影には、支えとなった多くの友やライバルがいたのだ。

FAQ 節を編集

  • Q3443 (2017-07-06)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3445 (2017-07-06)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも使うことができます。
  • Q3448 (2017-07-06)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。

収録情報 節を編集

クランブースター七色の歌姫G-CB05/049 C イラスト/はま互いに競い、助け合う。 友情とは斯くあるべきだ。
G-CB05/S37 SP イラスト/はま(※なし)