《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン“THE BLOOD(ザ・ブラッド)”/Dragonic Kaiser Vermillion "THE BLOOD"》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(5)(あなたのダメージが5枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(3)] そのターン中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1し、『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得る。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 竜騎激突で収録されたグレード3のなるかみ

 アルティメットブレイクは、カウンターブラスト(3)でパワー+5000/クリティカル+1と『1回のアタック相手前列ユニットすべてとバトルする永続能力』を得る起動能力

 《スパークキッド・ドラグーン》などでカウンターブラストを消費していない場合に限られるが、ヒールトリガー《魔竜戦鬼 カルラ》能力ダメージゾーンに1枚でも表のカードを補充できれば《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》起動能力とこのカード起動能力の連発を狙うこともできる。

 問題は制限がリミットブレイクからアルティメットブレイクになったことで使いづらさが増したこと。

 クロスライドに成功していれば多少は受けるダメージの量の調整がしやすくなるものの、ダメージゾーンを4枚の状態で止められてしまうと使えるタイミングがかなり遅れてしまう。
 前列同時バトル能力としては、より早いタイミング使えるできる《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》より弱体化しているとも言える。

 幸い《ダークエレメンタル ドクヅーク》等の有効化を補助する手段があるので、あわせて採用しておきたい。

  • アニメでは第102話(VS蒼龍レオン)で櫂トシキが使用。クロスライドしてアルティメットブレイクを発動したが、ヴァンガードへの分はガードされた。
    • クロスライド時の台詞は「クロスライド・ザ・ヴァンガード! 白き翼を銀の剣に。天空のドラゴン! 《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン“THE BLOOD”》!!」
    • アルティメットブレイク発動時の台詞は「“THE BLOOD”、アルティメットブレイク!」
    • アルティメットブレイク効果付きのアタック時の台詞は「天空の裁き、ヴァーミリオン・カタストロフ!」
  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」では櫂トシキがラスボスとして102話で使用したものと近いこのカードを中心にしたデッキを使用する事がある。変更点としてこのカードと相性の良い《魔竜戦鬼 カルラ》がこのカードと相性がそこまで良くない《ドラゴニック・デスサイズ》になっている。これは難易度を下げる目的があると思われる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「龍帝の血」を体内に取り込み、眠れる力を強制的に解放したドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン。 絶大な力を誇り、迸る闘気だけで弱者を死滅させたと言われる初代皇帝の血液――それは一時的に驚異的な力を発現させる代償に、自らの命をも燃やし尽くす禁断の秘宝である。 誰もが秘宝と呼びながらも恐れたその呪物を、彼は躊躇いも無く飲み干した。 「死」など恐れるに値する物ではない。 恐れるべきは自身の、帝国の敗北のみ。 光の獅子、古の水龍を討ち、まだ見ぬ侵略者を滅ぼす為の道を拓くべく、龍皇は己の命を燃やす。
「続け、同胞よ! その剣を、牙を、我らに仇名す全てに突き立てるのだ! !」

FAQ 節を編集

  • Q332 (2012-12-07)
    Q. 複数のユニットが同時に攻撃されていて、ガーディアンを2枚以上、コールする場合、手札から1枚ずつ、ガーディアンサークルに置いて、どのユニットをガードするかどうか考えることはできますか?
    A. はい、できます。その場合、相手に考え中であることを伝え、ガードするカードをすべてガーディアンサークルに置き終えたら、ガードの仕方が決まった事を相手に伝えて下さい。
  • Q362 (2012-12-07)
    Q. 【リミットブレイク】能力を使ったこのユニットを「希望の雷ヘレナ」でブーストして、相手の前列のユニット3枚にヒットしました。「希望の雷ヘレナ」の能力は何回発動できますか?
    A. 3回発動します。「コストとして手札を1枚捨て、1枚引く」を3回まで行うことができます。能力は1回ずつ解決していきますので、「コストとして3枚捨ててから、3枚引く」とまとめて行動せず、1回ずつ能力を処理して下さい。
  • Q363 (2012-12-07)
    Q. 【リミットブレイク】能力を使ったこのユニットが相手の前列のユニット3枚とバトルを行いました。ドライブチェックを6回行うのですか?
    A. いいえ、ドライブチェックは通常と同様に2回行って下さい。
  • Q364 (2012-12-07)
    Q. 【リミットブレイク】能力を使ったこのカードが、前列のユニット3枚にアタックしてきました。バトルの処理順を教えて下さい。
    A. バトルに関連する自動能力は通常のバトルと同様のタイミングで処理が行われます。ガードステップより前と、クローズステップでは通常のバトルと違いはなく、ガードステップからダメージステップは以下の順で行って下さい。1:ガーディアンをコールするファイターは、コールするカード1枚ごとに、アタックされているユニットの中から、どのユニットにガーディアンをコールするか選び、それらを同時にコールします。2:コールする際に選んだユニットにだけ、コールしたガーディアンのシールドの数値を、パワーに足す。3:ドライブチェックを行う。
  • Q365 (2012-12-07)
    Q. 【リミットブレイク】能力を使いました。相手は前列のユニットでインターセプトできますか?
    A. いいえ、できません。前列のユニットはすべてアタックされていて、アタックされているユニットはインターセプトできないからです。
  • Q366 (2012-12-07)
    Q. 【リミットブレイク】能力を使い、『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』の能力を得たら、次のターンも相手の前列のユニットすべてとバトルすることができますか?
    A. いいえ、できません。『そのターン中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1し、『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得る。』とは、能力を起動したターンの間、パワーを+5000し、クリティカルを+1し、そのターンの間、『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得ます。パワー+5000/クリティカル+1も、『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』も、ターンの終了時に失われます。
  • Q368 (2012-12-07)
    Q. 「隠密魔竜マンダラロード」とパワー11000のリアガードが、【リミットブレイク】能力を使ったパワー16000の、このユニットにアタックされました。「隠密魔竜マンダラロード」の能力を使用後、ドライブチェックでトリガーは出ませんでした。アタックされたリアガードは退却しますか??
    A. いいえ、退却しません。このユニットは「隠密魔竜マンダラロード」の能力でパワーが6000に下がり、アタックされたリアガードのパワーより小さいのでヒットしないからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜騎激突BT09/008 RRR イラスト/竜徹これが最後の雷だ。いくぞ、ヴァーミリオン・カタストロフ!
BT09/S08 SP イラスト/竜徹漆黒の夜空を流れる、鮮血が如き真紅の稲妻。