《ダッドリー・ターボラプラー/Dudley Turborappler》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
スパイクブラザーズ - ワーカロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):あなたのターンのバトルフェイズ中、あなたの「ダッドリー」を含むユニットが(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【自】【(V)】:あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、あなたのヴァンガードを1枚まで選び、【自】(V)】:[【ソウルブラスト】(1)] あなたの「ダッドリー」を含むリアガードがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、そのアタックしたユニットのパワー+5000し、そのバトルの終了時、そのユニットをソウルに置く。』を与える。

 天舞竜神で収録されたグレード3のスパイクブラザーズ

 ジェネレーションブレイク(1)は、1ターンに1回、バトルフェイズ中、「ダッドリー」のカードリアガードサークル登場した時にパワー+5000を得る自動能力

 「ダッドリー」のカード中で誘発条件を満たせるカードとしては《ダッドリー・メイソン》《ダッドリー・ダン》がいるが、前者は誘発条件アタックヴァンガードヒットした時と厳しく、後者は中央列後列でしか使えない上にコストカウンターブラスト(2)を使う等といったような癖があるため、必要に応じて《ウインクキラー・ミザリー》等の「ダッドリー」以外のカードとの併用も考えたい。

 ストライドスキルは、Gユニット超越した時にヴァンガード1枚に『「ダッドリー」のリアガードアタックした時にソウルブラスト(1)でそのユニットパワー+5000を与え、そのバトルの終了時にそのユニットソウルに置く自動能力』を与える自動能力

 与える能力は、誘発条件に対応するのは「ダッドリー」のリアガードに限定され、コストソウルブラスト(1)を含むが、バトルの終了時限誘発でそのリアガードソウルに置かれることになる。
 つまり、実質的に1枚分のディスアドバンテージと引き換えに要求シールド値を上げながらユニットのいないリアガードサークルを確保できる。
 これによって後続の《嗜虐王 ダッドリー・カリギュラ》《ダッドリー・メイソン》等によるスペリオルコールを行うために必要なユニットのいないリアガードサークルを確保できる。
 《ダッドリー・ジェシカ》と異なり、このカードは「ダッドリー」でないGユニット超越した時に誘発条件を満たせるため、手札の枚数等コストによっては《大悪党 ダーティ・ピカロ》等と併用したりと幅広く対応できる。

 与える能力コスト時限誘発によって結果的にソウルを「ダッドリー」のカードに入れ替えられるため、間接的に《ダッドリー・チアーズ リンダ》コストで必要となるソウルの「ダッドリー」のカードを賄うことができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2737 (2016-11-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2754 (2016-11-10)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2756 (2016-11-10)
    Q. 「ターン1回」のアイコンを持っていないほうの能力を使った場合、「ターン1回」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。

収録情報 節を編集

ブースターパック天舞竜神G-BT09/035 R イラスト/ToMo目標地点ヲ確認。 各機、ウェポンベイヲ開放セヨ。