《グレイエギゾス・ドラゴン/Grey Exhaust Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)に登場した時、あなたのソウルから「スマートフェンダー・ドラゴン」を1枚選び、(R)に【レスト】でコールしてよい。
時翔 ‐ 【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが手札から、(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、他のあなたのグレード2のリアガードを1枚選び、タイムリープさせる。(バインドし、山札からグレード+1をコールし、シャッフル。ターン終了時、コールされたユニットを山札の下に置き、バインドされたカードをコール)

 トライスリーNEXTで収録されたグレード2のギアクロニクル

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時にソウルから《スマートフェンダー・ドラゴン》1枚をレストスペリオルコールする自動能力

 ソウルから《スマートフェンダー・ドラゴン》を1枚スペリオルコールできるので、成功すれば1枚分のアドバンテージを得られる。
 基本的にこのカード《スマートフェンダー・ドラゴン》ライドさえできていれば、利用できると考えて良いだろう。
 レストスペリオルコールすることからそのままでは即戦力としては使えないので、基本的には後半の時翔能力効果目標にしてタイムリープさせてしまいたい。

 2つ目の能力は、手札からヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)で、他のグレード2のリアガード1枚をタイムリープさせる時翔自動能力

 《クロックフェンサー・ドラゴン》に近い能力だが、こちらはコストが必要で効果目標として選べるのはグレード2のリアガードという制限付きとなるが、その他に制限はないので3~4ターン目から利用が狙えるのが主な違いとなる。

 ヴァンガードサークル登場した場合でも利用できるが、3~4ターン目の時点で利用する場合は効果目標に対応するグレード2のリアガードを事前にノーマルコールして用意することができないので、基本的に《スマートフェンダー・ドラゴン》《チックフォーク・ドラコキッド》との連携が必須となる。
 こちらの1つ目の自動能力《スマートフェンダー・ドラゴン》スペリオルコールできるので、1~2ターン目で《スマートフェンダー・ドラゴン》《チックフォーク・ドラコキッド》ライドさえできていれば、利用するのは容易である。
 その時点で時限誘発付きでスペリオルコールしたいグレード3のカードは多くはないが、《スロットルキャリバー・ドラゴン》はそのアタックヴァンガードヒットすれば、ライド事故を防止に狙えるガード強要を行うことができるので狙う価値はあるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2008 (2016-12-08)
    Q. この効果で、このユニットを【ブースト】しているユニットがいるサークルにユニットをコールしました。【ブースト】のパワー増加はどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q2014 (2016-12-08)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q2015 (2016-12-08)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まずGユニットの移動を同時に行ないます。その後、解呪、デリート解除がすべて同時に行なわれ、その後、「解呪」等で誘発した能力とGユニットが移動したことによって誘発した能力が解決されます。それらが終わったら、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q2037 (2016-12-08)
    Q. 同じような条件の能力を2つ持っているユニットの能力が同時に発動した場合、どのように解決すればよいですか?
    A. 好きな順に解決できます。この場合、2つの能力が同時に待機状態になります。待機状態の能力は、そのファイターが任意の順序で解決できます。

収録情報 節を編集

キャラクターブースタートライスリーNEXTG-CHB01/031 R イラスト/ヨシモトのろまな時間は置き去りにされる。