《クロノファング・タイガー・G/Chronofang Tiger G》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアビースト/十二支刻獣 パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【ソウルブラスト】(1),他のあなたのリアガードを1枚選び、表でバインドする] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットと同じ縦列にいる相手のリアガードを1枚選び、相手はそのユニットを自分の山札の下に置く。

 真生の十二支刻獣で収録されたグレード3のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイク(1)は、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時にソウルブラスト(1)と他のリアガード1枚を表でバインドすることで、同じ縦列にいるリアガード1枚をデッキボトムに置く自動能力

 誘発タイミングの関係からインターセプト等には利用しにくいが、同じ縦列にいる相手リアガードを1:1交換でデッキボトム送りにできる。
 コスト《スチームナイト ムダル》《パラレルバレル・ドラゴン》等のバインドゾーンから自力でスペリオルコールできるカード《スチームメイデン ラシナ・ベル》《スチームバトラー ウル・ワタル》等のリアガードサークルからバインドゾーンに置かれた能力を持つカードを利用すればアドバンテージを稼ぐこともできる。

 基本的にはタイムリープ等のスペリオルコール手段を利用してリアガードサークル上で運用したいカードではあるが、「クロノファング」やギアビーストカードであることからヴァンガードサークル上でも《クロノタイガー・リベリオン》《時空竜 バインドタイム・ドラゴン》要件を満たせるカードとして一定の価値が見込める。
 ただし、【クロノファング】コストソウルブラストを含む能力の多用することでソウルの消費が激しく、能力を積極的に利用するのは少し難しい。

 【クロノスコマンド】なら《有為転変のギアピーコック》《プログレスセコンド・ドラゴン》を併用することで疑似スタンドに利用でき、アタックの回数を増やすことができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「時を司る12の要素」と同等の力を持つ体内器官「GG(ギアグルービー)」の片割れ――通称「G器官」の一部を「クロノジェット・ドラゴン」より借り受けた「クロノファング・タイガー」の姿。正式に“ギアクロニクル”全団の総代となったクロノジェットの代行者として、多くの事件を解決に導いてきた。クロノジェットがこれまで以上に身動きが取りづらい立場となったため、荒事の解決はクロノファングが一手に引き受けている。G器官を解放することで、「超越(ストライド)」や「超越共鳴(ストライド・フュージョン)」を発動させなくても、それらに匹敵する力を発揮することができる。現在の主な任務は、クロノジェットが危険視する「ルアード」の監視であり、動向次第では力づくで制止・拘束せよと命じられている。周囲を顧みないルアードの姿に過去の自分を重ねて……道を誤った青年の未来を正すべく、虎は紅の拳を振るう。

FAQ 節を編集

  • Q2627 (2016-09-29)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2628 (2016-09-29)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集