《クマー・ザ・デストロイヤー/Kumar the Destroyer》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - ワービースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
闘魂 - 【自】【(R)】【Gブレイク】(1):あなたのカードの効果で、このユニットが【スタンド】した時、そのターン中、このユニットは【自】(R)】:このユニットがアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。』を得る。

 刃華超克で収録されたグレード1のノヴァグラップラー

 ジェネレーションブレイク(1)は、効果スタンドした時に『アタックした時にパワー+5000を得る自動能力』を得る闘魂自動能力

 《オーラボーラー》と比べると、効果スタンドする手間がかかるが1回の誘発でも単体でパワー12000を出すことができる。
 複数回スタンドすればその回数分だけ能力を得られるので、更なるパワーを得ることも可能となる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

あらゆる種族が選手登録されているという超絶格闘技“ノヴァグラップル”の闘士。
熊のワービースト「クマー・ザ・デストロイヤー」は、圧倒的な筋力と耐久力を活かした肉弾戦のリングで人気を博している。
必殺技のひとつ、ランニングニーバットの「閃光熊術(シャイニング・クマー)」は、鋼鉄の装甲をスクラップにする程の破壊力を誇る。
凶暴そうな見た目と荒っぽい技の数々からヒールレスラーと呼ばれるが、闘いに対する真っ直ぐで真摯な姿勢はグラップルマニアの間でも評判である。
しかし、その真っ直ぐな性格が災いし、フェイントに100%釣られてしまうのが大きな欠点。
散々殴られた後の「そんなフェイントに俺が釣られるわけがねえだろ!」は、ファンの間で人気のマイクパフォーマンスのひとつである。
それだけ殴られても倒れず、壊れないタフネスこそが、彼の最大の武器と言えるだろう。

  • モチーフは、匿名掲示板2ちゃんねるで使用されるアスキーアートによるキャラクター「クマー」であろう。釣りレスに対して「そんな餌に俺様が釣られクマー」と言いながら釣られてる事が多い。
  • 必殺技とされる「閃光熊術(シャイニング・クマー)」の由来は、プロレス技の「シャイニング・ウィザード(閃光魔術)」であろう。イラストでも膝蹴りを繰り出しているシーンが描かれている。

FAQ 節を編集

  • Q1928 (2016-02-18)
    Q. スタンド状態のユニットを「スタンドする」効果で選んだ場合も発動しますか?
    A. しません。スタンド状態のカードを「スタンドする」効果で選んでも、カードの状態は変わりません。
  • Q1929 (2016-02-18)
    Q. スタンドトリガーによる【スタンド】も、カードの効果による【スタンド】ですか?
    A. はい、そうです。
  • Q1930 (2016-02-18)
    Q. この能力で得る能力は、重複して効果を発揮しますか?
    A. はい、重複して効果を発揮します。
  • Q1931 (2016-02-18)
    Q. 闘魂とはなんですか?
    A. 闘魂とは、あなたのカードの効果でこのユニットがスタンドした時に発動する能力です。
  • Q1932 (2016-02-18)
    Q. 闘魂能力は、スタンドフェイズのスタンドでも発動しますか?
    A. しません。スタンドフェイズのスタンドはルールによるもので、カードの効果ではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/070 C イラスト/松島一夫フェイントに釣られやすいのが欠点だ。