《エメラルド・ブレイズ/Emerald Blaze》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
スパイクブラザーズ - デーモン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「シルバー・ブレイズ」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(3),あなたの手札からあなたの(V)にいるユニットと同名のカードを1枚選び、ソウルに置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、このユニットが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から2枚まで探し、ユニットのいない別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルする。
【起】【(V)】:[【ソウルブラスト】(2)] そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 竜剣双闘で収録されたグレード3のスパイクブラザーズ

 シークメイトの指定カードは、ヴァンガードアタックした時にパワーを得て、そのバトルの終了時に山札に戻る《シルバー・ブレイズ》

 双闘状態での能力は、ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(3)と手札ヴァンガードサークルにいるユニット同名のカード1枚のソウルインで、山札から2枚までをスペリオルコールする自動能力

 コストが特定のカード1枚という点は《グレイトフル・カタパルト》に近いが、双闘状態で使用する能力なのでこのカード《シルバー・ブレイズ》の2枚がヴァンガードサークルにいるため対象は2種類、最大6枚と多少広い。
 さらにコストドロップでなくソウルインな分、《シルバー・ブレイズ》等のコストを確保できる。

 ただし、カウンターブラストの量が多く、ヒールトリガーなしで能力を2回使用したいのであれば《サイレンス・ジョーカー》《ジャンボ・ザ・スタンガン》等のサポートが不可欠となる。
 元々1回の使用でゲームエンドに持ち込もうとすることが多い系列の能力だが、それでもコストの競合により併用できるカードの選択肢が狭まってしまうため、1:2交換の疑似スタンドを活かしにくいのは痛い。

 また、コストの都合上どうしてもダメージゾーンの表のカードが3枚上必要となるため、使用するタイミングがリミットブレイクとさほど変わらなくなってしまうのも欠点である。
 とはいえ、その差が勝敗を分ける事もあるので、速攻に対する対抗策として使用する手もあるだろう。

 起動能力コスト効率が少々悪く、《シルバー・ブレイズ》などの能力コスト競合が起こりやすくなるため、あまり積極的に使用したい能力ではない。
 使いどころとしては、ライド直後にシークメイトコストになるカードが足りていないか、再ライドなどでソウルが余っている時に使う程度だろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ルール無用のギャロウズボールチーム“スパイクブラザーズ”のメンバー。一見すると勝ち気な少年だが、相手が試合続行不可能になるまでいたぶり続ける悪魔じみた性格をしている。万が一彼らと当たったら、生き残りだけ考えて試合に臨む事をお勧めする。

FAQ 節を編集

  • Q917 (2014-05-15)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q923 (2014-05-15)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q938 (2014-05-15)
    Q. このカードが双闘している時、このカードの2番目の能力は「シルバー・ブレイズ」でコストを支払えますか?
    A. はい、支払えます。双闘しているユニットは両方とも(V)にあるユニットです。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜剣双闘BT16/007 RRR イラスト/Morechandへっ、つまんねえな! 全員でかかってきな!
BT16/S09 SP イラスト/Morechandちょっと待て、バカ、ああもう! しょうがねえ突撃だ!