《はむすけの学友(ライバル) 万年筆(まんねんひつ)のはむきち/Hammsuke's Rival, Fountain Pen Hammkichi》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
グレートネイチャー - ハイビースト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】:[【ソウルブラスト】(1),ドロップゾーンから「はむすけ」を含むカードを1枚選び、山札の下に置く] あなたの「はむすけ」を含むリアガードを2枚まで選び、そのターン中、パワー+4000し、そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] そのターン中、あなたの「はむすけ」を含むリアガード2枚につき、このユニットのパワー+4000。

 The GENIUS STRATEGYで収録されたグレード3のグレートネイチャー

 1つ目の能力は、1ターンに1回、ソウルブラスト(1)とドロップゾーンから「はむすけ」のカード1枚をデッキボトムに置くことで、「はむすけ」のリアガード2枚までにパワー+4000を与え、そのターンの終了時にそのユニット退却させる起動能力

 コストは得られる効果を鑑みれば軽い部類であり、《鉛筆英雄 はむすけ》等を利用することで、ドロップゾーンから対応する「はむすけ」のカード山札に補充しつつ、「はむすけ」のリアガードパワーを増やし、ターンの終了時の時限誘発によって発生する退却によって自動能力誘発させ、デッキボトム送りにした「はむすけ」のカード手札に加える、という継続性のあるをコンボが行えなえる。
 ターン1回の制限があるので重ねがけはできず効果で選べるのも種類が少ない「はむすけ」のリアガードに限定されるが、最大でユニット2枚にパワーを与えられるので、複数の縦列に分散して要求シールド値の調整を行ったり、左列か右列のどちらかにいる2枚に与えて要求シールド値を確実に引き上げる、パワーを与えるリアガードを1枚だけにしてリソースの消費を抑えたりと小回りのきく能力である。
 《はむすけの級友 シャーペンのはむみ》に対して使用すれば、あちらの自動能力との併用で単体パワー16000になり、別の「はむすけ」のリアガードにもパワー+4000を2回与えることができるので、要求シールド値を引き上げを狙いやすい。

 一方で、「はむすけ」のカードには元々のパワーが低めのカードが多いため、パワー+4000を含めても要求シールド値を十分に上げられない事も考えられる。
 この能力を使用しようとすればするほど、メインデッキに入れる「はむすけ」のカードの枚数を増やさなくてはならないため、パワーの増加が行えない場合における要求シールド値の低さには特に気をつけなければならない。
 また、コストドロップゾーンから「はむすけ」のカードデッキボトムに置かなければならないため、ドロップゾーンの「はむすけ」のカードがない段階では、「はむすけ」のリアガードに対してパワーを与えることができない、というのも小さくない欠点である。
 ソウルブラスト(1)についても、それ自体は重いコストではないものの、《ラベル・パンゴリン》《ウォータリング・エレファント》等のソウルを補充する手段を併用しなければ継続して使用することが難しく、《全智竜 フリムスルス》などとの競合も起こりうる。

 2つ目の能力は、カウンターブラスト(1)で「はむすけ」のリアガードの2枚につき、パワー+4000を得る起動能力
 得られるパワーの量は「はむすけ」のリアガードの枚数に依存するため安定したパワー供給手段とするのは難しいが、一時的に足りないパワーを補う程度であるなら、比較的使いやすい能力ではある。
 ただし、「はむすけ」のリアガードの枚数が3枚以下では単体パワー15000までにしかならず、ブーストの代わりとして使用するには少々心もとない。
 また、「はむすけ」のカードエンドフェイズ中にリアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時にカウンターブラストを必要とすることが多く、こちらもコストの競合が発生しやすいため、詰めの局面で持て余しているダメージゾーンの表のカードを利用してパワーを増やせる能力、という程度に思っておいたほうが懸命だろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

長い歴史を誇る由緒正しき学舎、“グレートネイチャー”総合大学クリエイティブデザイン科の生徒。万年筆のデザインに尋常ではない情熱を注いでおり、「最高にカッコよくて強い万年筆」を創り出すべく奮闘中。彼が作った最新の万年筆から迸る「エネルギーインク」は、リミッター解除すると銃をも超える威力になるという。「はむすけ」とは同じクラスになって数百年の付き合いで、会う度に鉛筆と万年筆の利点と欠点を言い合っては殴り合いに発展するほどの喧嘩友達。だが、何かあるとなんだかんだで助け合う「ライバルにして親友」という最高の仲間でもある。彼をはじめ、同科には癖のある生徒が多く、本来であれば教授として迎えられていてもおかしくない年齢の者がゴロゴロいる。最高齢の生徒は最近2000歳を超えた竜の留学生とのことで、現校長より年上。ここまでくると最早笑い話である。

FAQ 節を編集

  • Q2371 (2016-07-21)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2373 (2016-07-21)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2425 (2016-07-21)
    Q. 「ターン1回」のアイコンを持っていないほうの能力を使った場合、「ターン1回」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。
  • Q2426 (2016-07-21)
    Q. このユニットの2番目の起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも使うことができます。
  • Q2427 (2016-07-21)
    Q. 「~そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。」効果を得たり与えられたりしたユニットが、他の効果でリアガードサークル以外の場所に置かれました。そのカードはどうなりますか?
    A. 何も起きません。カードがフィールド以外の場所に移動した場合、そのカードは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

テクニカルブースターThe GENIUS STRATEGYG-TCB02/019 RR イラスト/かわすみ鉛筆を使うなんて、時代遅れなんだよ~だ!